静岡県富士宮・富士・沼津・御殿場・裾野市の、株式会社・合同会社設立代行、電子定款作成認証代行なら、社会保険労務士・行政書士やざき事務所にご相談ください。

電子定款について

電子定款について

電子定款とは

定款とは、会社の目的・組織・業務等について基本的なルールを定めたものです。いわば、会社の憲法のようなものです。

定款が書面で作成されるときは、必要事項を記載し、発起人が記名押印します。

定款は、上記書面の他に電子文書として作成することができます。これを電子定款といいます。


電子定款認証とは

株式会社の場合、定款を作成しただけでは法的に有効とはなりません。法的に有効にするためには、公証人役場で公証人の認証を受けることが必要です。
これを、定款認証と言います。

この定款認証を、オンラインで申請して行うことを電子定款認証と言います。

なお、合同会社設立の場合は、公証役場で公証人による定款認証を受ける必要はありません。


電子定款のメリット

電子定款を利用することにより、従来の定款作成の際に必要であった印紙代40,000円が不要になります。

つまり、会社の設立に際して、電子定款を利用することにより、設立のための費用を40,000円安くできることになります。

株式会社設立の場合

法定費用定款認証電子定款認証
定款認証手数料50,000円50,000円
収入印紙40,000円0円
定款謄本作成費用約2,000円約2,000円
登録免許税150,000円150,000円
合計242,000円202,000円


合同会社設立の場合

法定費用書面の定款電子定款
収入印紙40,000円0円
登録免許税60,000円60,000円
合計100,000円60,000円



電子定款のデメリット

電子定款のデメリットは、導入の際の初期コストがかかるということです。

電子定款を作成し、公証人にその認証(株式会社設立の場合のみ)を受けるためには、電子定款作成認証システムを導入する必要があります。

その費用は、最低でも50,000円程度かかります。また、電子定款認証システムを導入するためには、電子証明書取得などの手間と時間がかかります。

従って、1回限り株式会社を設立するような場合には、個人で電子定款作成認証システムを導入すると、逆に非効率的になってしまいます。



クリックすると、メールフォームへ移動します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional