静岡県富士宮・富士・沼津・御殿場・裾野市の、株式会社・合同会社設立代行、電子定款作成認証代行なら、社会保険労務士・行政書士やざき事務所にご相談ください。

資本金について

資本金について

資本金を決定する

従来の商法では最低資本金制度があり、会社を設立するには、株式会社では1,000万円の資本金が必要でした。

しかし、平成18年5月に新会社法が施行され、最低資本金制度が廃止されました。
この新会社法によって設立が認められた会社形態である合同会社においても、資本金1円から設立することができます。

ただし、資本金の額は会社の信用度にも影響します。
また、会社経営にとって資金繰りは最も重要といっても過言ではありません。

従って、1円で設立することができるといっても、ある程度の資本金を用意しておく必要があります。。

また、資本金1,000万円未満の会社は、消費税が最大2年間免除されますので、この制度の恩恵を最大限利用することをおすすめいたします。


建設業許可と資本金

設立した会社で建設業許可を取得する場合、原則として、一般建設業許可では500万円以上の資本金、特定建設業許可では2,000万円以上の資本金が必要となります。

このように、設立した会社で建設業許可等の許認可を取得する場合、許認可取得を見越した資本金の決定が必要になります。



クリックすると、メールフォームへ移動します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional