静岡県富士宮・富士・沼津・御殿場・裾野市の、株式会社・合同会社設立代行、電子定款作成認証代行なら、社会保険労務士・行政書士やざき事務所にご相談ください。

合同会社の定款

合同会社の定款

定款の記載事項

合同会社の定款の記載事項は、①絶対的記載事項・②相対的記載事項・③任意的記載事項の3つに分類することができます。

絶対的記載事項

定款に必ず記載しなければならない事項です。1つでも欠けている場合は、定款そのものが無効となります。

1 目的

2 商号

3 本店の所在地

4 社員の氏名又は名称及び住所

5 社員の全部が有限責任とすること

6 社員の出資の目的及びその価額


相対的記載事項

必ずしも定款に記載する必要はありませんが、記載しないとその内容が法律的に効力を生じない事項です。つまり、会社に該当する要件がある場合は、必ず記載しなければなりません。

1 業務執行社員の定め

2 代表社員の定め

3 退社自由についての定め

4 出資の払戻し方法についての定め

5 解散事由についての定め

6 広告の方法についての定め

7 ・・・


任意的記載事項

定款に記載するか否かは会社の自由である事項です。定款に記載していなくても効力は否定されませんが、あえて定款に明確にしておけば会社の運営が円滑になります。

例えば、次のような項目があります。

1 事業年度

2 報酬についての定め

3 ・・・



クリックすると、メールフォームへ移動します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional