静岡県富士宮・富士・沼津・御殿場・裾野市の、株式会社・合同会社設立代行、電子定款作成認証代行なら、社会保険労務士・行政書士やざき事務所にご相談ください。

労働・社会保険の手続き

労働・社会保険の手続き(労務に関する手続き)

労働・社会保険の手続きについて

会社を設立したら、労働・社会保険の手続きを行わなければなりません。

ここで、労働保険とは、労災保険・雇用保険のことをいい、社会保険とは、健康保険・厚生年金保険のことをいいます。

担当する役所は各保険により異なり、労災保険は労働基準監督署、雇用保険は公共職業安定所(ハローワーク)、健康保険・厚生年金保険は年金事務所となります。

なお、書類提出の順番は、①労働基準監督署(労災保険の手続き)→②公共職業安定所(雇用保険の手続き)→③年金事務所(健康保険・厚生年金保険の手続き)となります。


労働基準監督署に提出する書類(労災保険の手続き)

会社を設立して、従業員を1人でも雇い入れたときは、所轄の労働基準監督署に以下の書類を提出しなければなりません。

提出書類提出期限
適用事業報告従業員を使用するようになった時に遅滞なく
労働保険保険関係成立届労働保険関係が成立した日の翌日から10日以内
労働保険概算保険料申告書会社設立の日の翌日から50日以内
就業規則及び就業規則届常時10人以上の従業員を使用する場合遅滞なく
時間外労働・休日労働に関する協定書時間外・休日労働をさせる場合速やかに



公共職業安定所に提出する書類 (雇用保険の手続き)

会社を設立して、従業員を1人でも雇い入れたときは、所轄の公共職業安定所(ハローワーク)へ以下の書類を提出しなければなりません。

提出書類提出期限
雇用保険適用事業所設置届雇用保険適用事業所となった日の翌日から10日以内
雇用保険被保険者資格取得届雇用保険適用事業所となった日の翌日から10日以内



年金事務所に提出する書類(健康保険・厚生年金保険の手続き)

会社を設立したら、労働者が1人もいなくても、所轄の年金事務所へ以下の書類を提出しなければなりません。

提出書類提出期限
健康保険・厚生年金保険新規適用届会社設立後5日以内
健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届会社設立後5日以内
健康保険被扶養者異動届事実のあった日から5日以内




クリックすると、メールフォームへ移動します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional