静岡県富士宮・富士・沼津・御殿場・裾野市の、株式会社・合同会社設立代行、電子定款作成認証代行なら、社会保険労務士・行政書士やざき事務所にご相談ください。

会社設立のメリット

会社設立のメリット

会社設立のメリット

会社設立のメリットは、一般的にには以下のように言われています。ここでは、個人事業と比較しながら説明します。

個人事業会社
社会的信用外部から財政状態や経営成績が把握しにくいため、取引先や金融機関からの信用度は低い。外部から財政状態や経営成績を把握しやすいため、取引先や金融機関からの信用度は高い。
責任倒産すると、個人事業主がすべての責任を負う。
(無限責任)
倒産しても、経営者個人は出資額のみ責任を負う。
(有限責任) ※
給料赤字になると、給料がない。赤字になっても、役員報酬は必要経費となるため、給料は確保される。
税金所得税は超過累進税であるため、利益が多くなればなるほど税率が増す。法人税は定率であるため、利益が一定額を超えると有利になる。
相続個人事業主が死亡すると、個人財産・事業用財産が、相続税の対象となる。経営者が死亡しても、解散事由に該当しない限り会社は存続するため、相続税はかからない。
経費個人財産と事業財産とが明確には区別されていないため、経費の認められる範囲が狭い。個人財産と会社財産とが明確に区別されているため、経費の認められる範囲が広い。

※株式会社・合同会社の場合。合名会社・合資会社の社員は無限責任を負います。


会社設立のデメリット

会社設立のデメリットは、一般的には以下のように言われています。

個人事業会社
開業手続会社設立の手続きが不要なため、事業を簡単に始めることができる。会社設立の手続きが必要なため、時間や手間・費用がかかり、事業を簡単には始めることはできない。
事業内容定款を作成する必要がないため、自由に行うことができる。定款の事業目的の範囲内に限定されるため、自由に行うことはできない。(定款の変更が必要。)




クリックすると、メールフォームへ移動します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional